近年注目の永代供養墓について

subpage01

永代供養墓とは、寺がお墓参りをできない人やお墓参りをする人がいないお墓を永代にわたって供養、管理してくれる墓のことをいいます。



合葬という形を取っている場合が多く、墓石代がかからないことがほとんどです。

東京の納骨堂に関する情報をまとめました。

永代供養墓にすると決めて、寺に納骨してもらうときに一式の費用を払う場合が多く、その一般的な相場は30〜50万円となっていますが、寺によって違いがあり、10万円から100万円になる場合もあります。
しかし、その他のお墓に関する費用はほとんどかからない場合が多くなっています。
最近では、少子化や核家族化によりお墓を管理するのが難しくなってきています。



昔と違い、親元に住むことも少なくなり墓を守るという意識も薄れてきています。

そこで、近年では自分の死後の墓の管理のことを考えて、生前から永代供養墓を考える人も増えてきています。

https://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B3%95%E5%BE%8B%E3%82%AB%E3%83%86について詳しく書かれています。

一度お墓を建ててしまうと、次に永代供養墓にお骨を移す場合には市町村の許可が必要であったり、今までのお墓のあるお寺で魂を抜いてもらうための供養をしてもらったりと色々と改葬には決まりがあり大変なのです。
また、お墓参りになかなか来られなかったり、来られる人がいなかったりしたり、子供や親族にできるだけ負担をかけたくないなどの理由から、お寺に責任をもって管理してもらう方法である永代供養墓を選ぶ人が増えてきています。

https://matome.naver.jp/odai/2140394689598355101

また、宗旨、宗派を問われない場合もほとんどですので、安心して任せることができます。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/7770928.htmlの知識が一目瞭然です。

関連リンク

subpage02














葬儀をした後の遺骨の管理の仕方の変化

葬儀を無事に済ませた後、遺族のもとには個人の遺影や遺骨が残ります。これらを仏壇に供えておけばお墓に行かなくても、故人の冥福を毎日祈ることが出来ますし、故人のそばにいつでもいることが出来ます。...

NEXT
subpage03














自分に合った永代供養墓を探す

現代社会ではお墓の面倒をみる人が少なくなって、永代供養墓に入る事を望む人が増えました。先祖代々のお墓の維持が難しくなって、仕方なく改葬して寺院などにこれからの供養をお願いする人も多い様です。...

NEXT